子供 筋肉 身長 伸びない

子供の頃に筋肉を付けると身長が伸びないのか

「子供の頃に筋肉をつけると、身長が伸びない」

 

よく聞きますよね。

 

僕が子供の頃からそんな噂がありました。

 

実際のところはどうなのでしょうか。

 

筋肉と身長の関係を調べてみました。

 

子供の筋肉トレーニングは身長の伸びを止める?

ドクターセノビルの評判や口コミは?

答えから言いますと、筋肉がつくこと自体には問題はないです。

 

ですので、筋肉を付けたらダメだということはありません。

 

ただ筋肉と身長の関係として、ある事実がありました。

 

 

筋肉質、もしくは筋肉がつきやすい子どもは成長期が早く訪れる傾向にある。

 

理由としては、男性ホルモンが関係しているようです。

 

 

成長期が早くに訪れるということは、その後の伸びが無くなるということです。

 

つまり、身長が伸びる期間がその分減ってしまうんですね。

 

ですので最終的に低身長となってしまう可能性があるんです。

 

 

筋肉を付けることではなく、付きやすいかどうかが関係しているんですね。

 

そんなことから子供の頃から筋肉を付けると身長が伸びないと噂されていたのかもしれないですね。

 

「子供が筋肉を付けると身長が伸びない」の真意

ドクターセノビルの評判や口コミは?

 

子供が筋肉トレーニングをすること自体は悪いことではないと思います。

 

むしろ運動になるので、身長を伸ばすにはプラスになるかもしれません。

 

何が問題化と言うと、筋トレの負荷の度合いです。

 

瞬発系の筋肉を鍛えるトレーニングの場合は、重いウェイトを使ったトレーニングをしますよね。

 

これが危ないんです。

 

子供はまだ強い負荷に耐えられる身体じゃありません。

 

そのため怪我をしてしまう危険性があるんです。

 

そのけがで背が伸びるのに大切な骨端線という骨の端にある軟骨が損傷してしまうと、
その後の身長の伸びに影響が出てしまう恐れがあります。

 

ですので、子供が筋トレをする場合は、負荷に気を付けて下さい。

 

大きい筋肉を付ける必要はまだないです。

 

しっかり身体が出来てきてからがいいですね。

 

また過度な筋肉痛も、その回復に栄養や成長ホルモンが使用されて、成長に回らないといった話も聞きます。

 

成長期には栄養不足にならないようにしっかり食事なども摂取し、睡眠で疲労回復など、生活習慣を整えておくことが大事ですね。

 

 

ドクターセノビル評判

関連ページ

親の遺伝子は子供の身長にどれだけ影響しているのか
子供の身長が最終的にどれだけになるのか。 親の遺伝子との関係は切っても切れなものです。 でも背が高い親でも子供が小さかったり、またその逆も。 遺伝子と子供の身長の関係についてまとめています。
成長期に是非摂取したい栄養素アルギニン
Dr Senobiru/ドクターセノビルにはアルギニンが沢山配合されています。 そんな重要視されるアルギニンが成長期に重要な栄養素な理由についてまとめました。